Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人間関係

【1年目理学療法士向け、人間関係編】なぜ辞めたいのか?迷わず、辞めてほしい職場について、経験豊富なPTが現状暴露!

こんにちは

あなたは1年目の新人だけど、職場を辞めたいはずですよね?とはいえ、1年目で辞めて大丈夫なのか迷っていると思います。私ゆだねも、人間関係が嫌になって、辞めたくなったのは、あなたと同じ1年目でした。

辞めたい理由って、給与面や人間関係面で当然ありますね。どちらも不平不満がなければ、辞めたいと思わないです。

新人だから仕方がないけど、拘束時間が毎日夜22時を過ぎている。先輩から指導という名の羊の革を被った人格否定した恐怖の言葉が、あなたの意思に関係なく投げつけられる。しかし、新人で職場の決まりだから、仕方ないと諦め続けている。

上記のようなことが続いていれば、毎日嫌気が差して、いますぐでも辞めたいですよね?私が実際に経験したことも踏まえて、あなたのこれからの理学療法士人生をできる限り、公開せず過ごしてほしいので、暴露していきます。

1年目理学療法士のあなたが辞めたくなるのは、当然?

私ゆだねは専門学校に3年通い、2年後半からの実習では、1週間ほぼ寝ない日々も過ごしました。卒業までの約7ヶ月間、休みなく毎日、課題に追われて、何とか理学療法士資格を取得しました。私以外の優秀な同級生でも、私と同じように睡眠時間を削って、課題をこなしていました。

2018年現在は、昔ほど、厳しい実習はないと聞いています。とはいえ、どこの病院や施設に実習に行っても、毎日、余裕で8時間以上睡眠時間を確保できた学生はいないでしょう。毎日、課題に追われて「早く実習が終わってほしい」と願っていた学生がほとんどのはずです。

3年で500万以上の学費を投資し、やっとの思いで取得した理学療法士資格です。折角取得した国家資格でも、日々の業務が終わった後、3時間も監禁されたら、帰って寝るだ毛です。監禁が1ヶ月だけなど、決まった期間なら頑張れます。しかし、期間が決まっていない監禁なら、気持ちが折れるのも当然というものです。

と同時にあなた自身、1年目で教えてもらうことが多いから、給料が少ないのも理解している。しかし、これからは区切りがない研修という名の拷問が続くかと思うと、「気持ちの切り替えようがない」と毎日寝る前に、悔やんでいる。

1年目でも、現在の職場を辞めたい!

なぜ、あなたは1年目でいまの職場を辞めたくなっているのでしょうか?

やはり、人間関係がメインではないでしょうか?

人間関係はお互い様とはいえ、あなたにすべての原因があるわけでないはずですよね?そもそも、あなたが就職する前から、誰でも辞めたくなる職場かもしれません。

毎日、ほぼ定時で終わるホワイト職場でしょうか?一方、いまだに残ることを強制されなくても、残ることが無言強制される刑務所のようなブラックな職場でしょうか?

あなた自ら残りたくて、残業しているなら、大丈夫です。就職から半年経っている。誰がやっても、確実に3時間かかる仕事を毎日、強制され続けている。1年目でも辞めたくなって、当然だから、安心してください。

そもそも、ホワイトな職場とは?

<給与面ストレスが少ない>

超ーホワイトって考えれば、毎年、10,000円も上がった場合ですね!バブルの時代はそれ以上に上がったかもしれません。

<社会的な評価ストレスが少ない>

安定という意味では、公務員勤務。クレーマーの餌食になりやすいので、ストレスは多いでしょうが。大手で安心という意味では、大企業傘下の病院や施設に勤務している。

<人間関係ストレスが少ない>

残業がなく、有給もいつでも取り放題。飲み会を強制されず、すぐに帰宅できる。

職場が上記のようなホワイト職場であったら、いいですが、現実はそうはいきませんね。

そもそも、ブラック職場とは?

ブラック職場の定義は、

1、労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

2,賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

3、このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。

キャリタスリサーチによる学生と企業へのアンケートをストレス別に分けると、

<給与面ストレス>

  • 残業代が支払われない
  • 給与金額が低すぎる
  • 労働条件が過酷である
  • 募集条件と労働が著しく異なる
  • 残業が多い
  • 有給休暇を取りづらい風土がある
  • 人事や研修制度が整備されていない

<社会的な評価ストレス>

  • 離職率が高い
  • ネット上で話題になっている
  • 知人が入社を勧めない

学生側からの意見は・・・ブラック企業である条件は、大卒新卒者は、入社3年後の離職率が5割を超えます。残業時間については、1ヶ月40〜60時間未満と100〜120時間未満になります。

有給休暇取得日数については、10日以上、取得できないと30%の方が回答しています。

一方、企業側では、約14%が10日以上取得できないと、ブラック企業だと回答しています。企業側は学生側より16%少ないです。

つまり、学生側のほうが、休日が多くほしくて、ライフワークバランスを考えているということですね。

<人間関係ストレス>

  • セクハラ、パワハラがある
  • 成果を出さないと精神的に追い込まれる

多くの職場は、そこそこのグレーではないでしょうか?

<給与面ストレスそこそこ>

仕事量も少ないが、給与もそれなりにしかない状態。

<人間関係ストレスそこそこ>

だらだらと仕事をしているから、帰る時間が遅くなる。

自分だけ早く帰ろうとしたら、雰囲気で帰ることができない。

<社会的な評価ストレスそこそこ>

小規模な事業所で、良くも悪くも有名でない病院や施設に勤務している。

 

日本中どこに行っても、完璧な職場環境なんてないです。そもそも、給与面ストレス、社会的な評価ストレスも、根本的な原因は、人間関係ストレスではないでしょうか?

たとえば、離職率が高いのは、多少給料が安くても、職場の人間関係が劣悪である証拠です。パワハラやセクハラがあり、休みを取りにくい、過剰な業務を背負わされる。

離職率が低い職場は、就職した人が安定して働きたいという仕組みがあります。したがって、パワハラやセクハラができる限り発生しないように、ルールが設定されています。長期的な視点がある職場は、自然と離職率が低くなり、定着率が高くなるわけです。

もちろん、あなた一人だけで解決できることが一番です。と同時に悩んでいるときは、だれかに相談にのってもらうことで、進みたい道が見えるのも、事実です。

職場環境を振り返ってみて、人間関係の改善見込みが薄いなら、登録無料のマイナビコメディカルに相談してみることをおすすめします。
マイナビは、知名度を活かして豊富な情報量と定着率が良い職場紹介に力を入れています。

給料ももちろん大切ですが、気持ちよく毎日、仕事ができる職場に出会うことは、あなたの理学療法士人生をきっと明るくしてくれます。

マイナビは転職前に、面談を通じて相談にのってくれます。マイナビコメディカルでは、面談だけでなく、メールや電話だけの相談にものってくれます。気軽に登録して、相談してみましょう。

マイナビ担当者さんに、あなたの強みを把握して、伝える必要があります。その際、無料で強み診断ができるので、おすすめです。転職先の先輩へ、あなたの強みを伝えることも好印象につながるので、ぜひ受けてみてください。

あわせて読みたい
【ベテランPTが大暴露】理学療法士に向いていない性格を独占告白!リクナビ無料適性診断で発見した強みとは・・・こんにちは 現役理学療法士の15年理学療法士として、働いていても、あなたと同じように「向いていない」と日々、実感しているゆだねです...
ABOUT ME
ゆだね
現役16年目の理学療法士、アラフォー男性です。 得意なことは、人間観察、パソコン・スマホ操作全般、家庭料理。 コーチングを活かしたアドバイス。 小さい頃から、ブロック、パズル遊びなど、組み合わせを考えるのが好き。